子供でも御蔵島のドルフィンスイムは可能?

溶けるような暑い日が続く今日この頃。子供の夏休みに本格的に自分の子供に「自然に触れて学んで欲しい」「地球環境を意識させたい」というお父さん、お母さんも多いことでしょう。そしてきっと特別な体験をさせてあげたいと考えているはず。
そんなお父さんお母さんにおススメする、イルカと泳げる島、御蔵島にいって「子供とドルフィンスイム」をした体験を記事にまとめてみました。

子供と御蔵島でドルフィンウォッチング
疎遠だった「離島」、ついに子どもと一緒に。

子育てで「旅行」と疎遠になり、近所の公園や商業施設で遊ぶことがルーティーンと化する毎日。

スイミングスクールに通い、クロール、バタフライを習得した8歳になる娘とついに離島2人旅をすることに。プールで潜ったり、お風呂でシュノーケルの練習の末、直近の小さな夢でもあった「子供と一緒にイルカと泳ぐ」という夢を叶えに船を予約して御蔵島にやっと行くことができました。

子供と御蔵島でドルフィンウォッチング
いくつもの試練

宿の予約は抽選。無事に予約をとることができました。御蔵島は宿の予約が上陸の条件となっており、船を予約する前に宿の予約がとれるかが最初の難関なのです。(御蔵島の行き方は過去記事「野生のイルカと泳ぐなら」

第2の難関は、御蔵島の低い着岸率(就航率)。御蔵島に一か所しかない港は、年間を通した客船の就航率は6割を下回ることもあるそうです。今回、台風4号が熱帯低気圧に変わり天候が荒れる中、幸いにも「条件付き」で運航することに。
文字通り、雲行きの怪しい旅の始まりとなりました。

子供と御蔵島でドルフィンウォッチング
緊張もしつつ、それでも旅は…
子供と御蔵島でドルフィンウォッチング
子供と御蔵島でドルフィンウォッチング

20:30 浜松町駅から歩いて竹芝桟橋に到着。第3の難関「船酔い」には最新の注意をはらい、途中、子供用の酔い止め「アネロン」と「トラベルミン」をコンビニで購入。

21:30 乗船待合所集合。出航30分前には酔い止めを飲み徹底的に対策。「グロッキーな記憶は残したくない!」出航前後の船内散策のみさせて「酔い」には細心の注意を払いました。

22:30 無事に出航。東京湾の美しい夜景を海上から眺めたり、レインボーブリッジをくぐったりと娘のはしゃぐ姿に一安心。それでも湾からでればうねりも大きくなります。

23:00 過ぎ就寝。なんとか3つ目の難関はクリア。(※重要ポイント!出航後に子供は寝かせます。)
4つ目の難関は、寝過ごさない事!

5:30(翌朝) 起床。寝過ごすこともなく、三宅島→6:00頃、御蔵島に無事着岸&上陸することができました。

御蔵島上陸
間髪いれずにドルフィンスイム

上陸したその足で、今回お世話になる宿「まるい」のスタッフの皆さんにお迎えいただき宿に。

6:30 チェックイン。部屋に荷物を置き、宿の説明とドルフィンスイム後のお風呂と着替えの準備。軽食を済ませたあと、レンタルの試着。(※子供のドルフィンスイムはお子様の体調とスタッフ・船長に相談の上参加してください。)

8:00 集合&レクチャー&出発。

こんな感じで島上陸後は休む暇がないので、お子様連れの場合、午前からドルフィンスイムをするのであれば、船内での睡眠は必須。もう一度言います!うねりが強くなる東京湾をでる前に寝ましょう!
(※スマホ&ゲームは厳禁!!)

御蔵島ドルフィンウォッチング準備
緊張。興奮。はじめてのドルフィンスイム。

ウェットスーツとフィンをレンタル。娘は足のつかない場所でのシュノーケルは初めてだったので、AQAのライフジャケット(安心のキヌガワ製)を今回使用しました。緊張の面持ちで船に揺られながらイルカを探します。

船長の「来てる来てる。準備して。」とマスクを装着。
少し高さのある船のヘリから恐る恐るずるりと滑り降り無事着水。子供と手をつなぎ船長の指示する場所に泳いで向かいます。再び船長の声が。「前にいるよ!」顔を着水、水中をのぞくと…。

初めてのドルフィンスイム
初めてのドルフィンスイム
はじめてのドルフィンスイム

下に広がるのは、10頭ほどのイルカの群れが悠々と通り過ぎていく光景。娘をふと顔をみると無表情だったので、あれ?「見た?」と聞くと大きく頷く。「上がってください!」の合図で船に戻ったり、入水したりの繰り返しでしたが、「赤ちゃんいた。」「ツノダシがいた。」「大きかった。」と話し、少し笑顔を取り戻すことができました。開始から1時間程で慣れてきたようで。ほっと一安心。

しかし、終了間際、急に激しい雨が振り出し雷の音が。船長さんの引き上げの合図とともに大きく上下し帰港する船に娘、「船酔い」によりダウン&「寒さ」に顔も暗く…。最後はつらい思いをさせてしまいましたが、宿へ向かう車で「もっとやりたかった。」とイルカの話をする娘に救われたドルフィンスイムでした。(※水中での娘とイルカの写真、撮りたかったのですが手をつないでいた為撮影できず…。皆さまは是非リアル体験で!!)

遅れてやってきた感情。

宿に戻った後は、2時間ほど仮眠をとり、ふくまる商店さんののり弁当を受取りに行きランチでエネルギー補給&名物ジェラートで完全回復。イルカが見える丘まで散歩したり、部屋では海で見たイルカや魚の絵を描いたりといつもと違うゆったりとした濃い時間を過ごしながらあっという間に時間がすぎました。楽しみにしていた宿のご飯もとても美味しかったです。

夜は月を見ながら「なんで月は丸くなったり、半分になったりするの?」「なんでイルカは…」とたくさんの刺激に触れ、自然に関するたくさんの疑問がでてきたようで。就寝は10時頃。この時間と思い出は間違いなく私の宝物となる幸せな時間だったことは間違いありません。

渋滞していた情報を少しずつ処理しているかのように娘も色々思い出しているようでした。

御蔵島風景
御蔵島のり弁当
御蔵島就航率着岸率
御蔵島の月ドルフィンスイムを終えて
「御蔵島ならでは」の連続。

この旅の目的「イルカと泳ぐ」ですが、御蔵島の魅力はそれだけではありません。
最終日はお気に入りの「いるかが見える丘」に行きたいというので朝食前に海を見にお散歩。今日は三宅島が見えるねなんて話しながら海に向かいます。まだ流れが早いねなんて言いながら海を見ていると….?

「あれ!?」「イルカだ!?」なんと陸からイルカを発見。 しかも群れで。そして赤ちゃんイルカもお腹を向けて泳いでいました。(いや本当です!!)
ほくほくした気持ちで宿にもどり朝食を食べ、釣りがしたいというので港へ。魚は釣れませんでしたが(ビビビッというあたりはありました)またもやお客さんが!?

「なんか枯れ葉浮いてない?」「何?エイ?」いや、あれは…。
カメさんです!垂らした釣り糸のすぐ近くに呼吸をしに上がってきたアオウミガメに遭遇。

日差しも強くなってきたので、釣りは1時間くらいで切り上げ、港からの急坂を汗を垂らしながら登り、本日2度目のふくまる商店さんでクリームソーダを頂きました。(超回復)

御蔵島ウミガメ
ふくまる商店クリームソーダ
帰りの船。

楽しい時間はあっという間に過ぎていき、帰りの船の中、娘がこんな事を言いました。

「なんで行くときは1日かかったのに、帰りはすぐつくの?」

言われてみれば旅行ってそう思う事ありますよね。時間的感覚が違うというか、濃縮された体験の記憶というかそれが終わると、ふわっと緩んで気が付いたら家に。みたいな。

きっと楽しかったんだと勝手に解釈することにします!
こんな感じで色々と準備をし、ポイントを抑えれば(お子様の余裕をつくる親の泳力含む)御蔵島のドルフィンスイムも天候さえどうにかなれば子供と一緒に楽しめる事がわかりました。

竹芝桟橋につくまではレストランで食事をしたり、船外にでて海を見たり、最後まで楽しめた2人旅となりました。

橘丸からの東京湾
最後に。

太古の自然を多く残す御蔵島は絶海の孤島と呼ばれ、快適とは言えない長い船旅となる可能性があります。
子供を連れていく旅としては、不安が頭をよぎるのは当然のことです。

しかしながらその「行きづらさ」が人を寄せ付けず「自然」そのものを残してきたのもまた事実。

その自然に触れ、こどもに強く、たくましく、賢く生きてもらう為に色々と経験させたいというのも親の強い気持ち。最悪のケースも考えつつ準備をした上で計画することを強くおすすめします。

ガイドさんから言われたルールを守ることは大前提として、自然が相手のアクティビティに絶対はありません。

浮力体を付けて水中をのぞくことができれば可能と言えば可能ですが、より楽しむ為には、「助けを必要とせず」「自力で何とかできる」スキルを増やしておくことに越したことはありません。

ライフジャケットなどの道具の力を借りるのもまったく問題ありません。下見旅行を大人だけでしておくなど、やりすぎかなと思うくらいの「準備」も楽しみましょう!

エーキューエー(AQA) 子供用 ライフジャケットキッズ KA9026

お子様とマリンスポーツや川など水辺アクティビティを楽しむための必須アイテム。
肩、腹・腰の3点で調整可能で様々な体型の方にしっかりとフィットし、RAC認定済みで安心安全。

~まとめ~

・御蔵島を含め、船旅、島旅はリゾートの旅行とはちょっと違う。
・事前に子連れであることを連絡する
・小学3年生くらいが楽しめる?
・子連れは水温が暖かい7月中旬から9月がおススメ
・足がつかない場所で自力で泳げる
・自信がない場合はライフジャケットを着用
・より楽しむ為に親子で体力をつけておく
・船酔い対策は必須
・寝れるときは寝る
・天気はどうしようもない
・リスクに対する準備を怠らない
・脱メディア。いつもと違う体験に集中
・旅程の中、関わった人への感謝
・軽食の準備
・顔をみて話をする時間は大切
・お腹がすく
・緊急時の対応や病院の連絡先を確認しておく
・イルカ含め、生活圏にお邪魔しているという気持ちを忘れない
・やっぱり御蔵島が好き

一般社団法人 御蔵島観光協会
営業時間/8:30~17:00(3月15日~11月15日迄は無休、冬期土日祝日休み)

〒100-1301 東京都御蔵島村
TEL:04994-8-2022
FAX:04994-8-7070
mail:info@mikura-isle.com

下記のURLでは、イルカとクジラのイラストをダウンロードできます。
⇒イルカとクジラの無料イラストはこちら
是非、ダウンロードして、ブログや動画編集のイラストとして使ってくださいね。