幻想的!
青白い光を放つプランクトン夜光虫

リアル(現実)なファンタジー(幻想世界)

青白く光る波が打ち寄せる砂浜。
それはディズニー映画でもSFアニメでもファンタジー系ゲームでもなく、実際に海で見ることができる事を知っていますか?

なぜ?光の正体は?

この幻想的な風景を作り出している原因、それは…。
「夜光虫(ヤコウチュウ)というプランクトンの一種です。

夜光虫は海洋性のプランクトン。物理的な刺激に反応(ルシフェリン-ルシフェラーゼ)し、発光するという特徴があります。

夜光虫を見に行こう!

「どこの国で見られるの!?海外?」「いつ見られるの?見てみたい!」という方に、夜光虫が創り出す幻想的な風景が見られる場所をお教えします!それは…。日本全国です!

なんと日本の各地で見ることができるんですね。(詳しくは下記で)

しかし、いつでもどこでも無条件で見られるわけではないんです。では、いつどこで見ることができるのでしょう。それは夜です。(当たり前だ!)

夜光虫はあの「赤潮」の代表的な形成種。そのため昼間はお世辞にも「幻想的」といえない赤茶色の潮としてみることとなります。なので発光を確認しやすい夜がベストな時間帯なのです。

夜光虫(ヤコウチュウ)と月の写真
夜光虫が見られる時期と条件

条件のひとつは海水温度。広範囲で海面一体が青白く光るための一定数の夜光虫(赤潮)の発生が必要となります。春先から夏にかけての海水温が上がるシーズン(5月~9月)に夜光虫は海中で繁殖し大量発生することから、この時期がねらい目と言えるでしょう。

夜光虫が見られる場所

風に影響されやすい赤潮は「湾」などの潮だまりに集中することが多く、愛知県三河湾、関東では鎌倉や材木座、由比ガ浜、江ノ島など相模湾全域で多く見ることができます。
※下記日本で有名な「夜光虫スポット」

・由比ヶ浜(神奈川県)

・茅ヶ崎(神奈川県)

・江ノ島(神奈川)

・稲村ケ崎(神奈川)

・三河湾(愛知)

・大阪湾(大阪)

・恩納村(沖縄)

・石垣島(沖縄)

・宮古島(沖縄)

また、生活排水などでプランクトンが増える場所(きれいな海とは限らない)というところもポイントです。

夜釣りの写真
嫌われる夜光虫?

 「赤潮の時は釣れない。」という言葉を釣り人の口からよく聞きますね。これは、このプランクトン(赤潮)の大発生により酸欠になり、魚が弱ったり、死んでしまったりと魚がいなくなり「渋い日」になることから漁師や釣り人にはあまり良いイメージはないのです。

それでもやっぱり美しい。

 漁師や釣り人から嫌われていても、やっぱり夜光虫は美しい。
もし、海で夜光虫を見ることができたら…

・石や砂を投げてみる

・波打ち際を走ってみる

・泳いでみる

・捕まえてみる

いつもとは違うファンタジーな非日常が味わえるのではないでしょうか。是非「赤潮」の状況を調べて、機会があったら見に行ってみてください!